【年間200冊読破】息子がはまったオススメのりものえほん12選

こんにちは、えほんだいすきあかり(___acari___)です。
子どもが産まれる前から絵本が大好きで大好きで、去年は図書館を駆使して年間200冊の絵本を読みました。
そんなわたしと2歳半の息子がはまった、乗り物の絵本を紹介します。
男の子ってほんとに乗り物好きですよねえ。

スポンサーリンク

たどってごらん (機関車)


accototoさんの絵がかわいくて、わたしもお気に入りの1冊。
主役は機関車というよりも線路で(珍しい!)、ページをまたいで線路をぐんぐん進んでいきます。
指でなぞったり、消しゴムサイズのおもちゃがあれば線路を走らせて遊んだりもできて、文字が読めなくても子どもひとりで楽しめる絵本です。
息子1番のお気に入りです。

 

ペンギンきょうだい バスのたび (バス)


おねえちゃん、ペンちゃん、ギンちゃんの3人でバスに乗るお話。
「止まります」のボタンを押す描写があって、これを読んで以来息子もボタンを押すのが大好きです。
シリーズでいろいろな乗り物が出てて、どれもかわいいです。

 

ペンギンきょうだい そらのたび
ペンギンきょうだい ふねのたび
ペンギンきょうだい れっしゃのたび

 

息子1番のお気に入りはバス、私の一押しはそらのたび(飛行機と気球)です。
こちらも空港の様子や飛行機の中で機内食が出たり妙にリアリティーがあっておもしろかわいいですよー!

 

ノラネコぐんだん そらをとぶ (飛行機)


ペンギンきょうだいシリーズと同じ、工藤ノリコさんという方の絵本。
マイペースでふてぶてしいねこちゃんたちがとってもかわいいです。
ノラネコぐんだんもシリーズ化されてて(乗り物が出てくるのは1冊だけなんですが)、人気があります。

 

でんしゃがきました (電車)


この本もポップな絵がかわいいですよねえ。
いろんな動物さんが待つ駅に、いろんな電車がやってきます。
ねずみさんにはチーズの電車、かっぱさんにはお寿司の電車。
「どんな電車が来るんだっけー?」と子どもとわいわいしながら楽しめます。

 

バスがきました

バスバージョンもあります。停留所のマークが動物ごとに違ってかわいいんですこれがまた!

 

れっしゃだぞう (電車)


ぞうのれっしゃのお話。
お鼻を使ってどんどん進みます。
絵もお話もほんわりかわいいです。
こうへむさん初めての絵本。

こうへむさんのイラストが描かれたこちらのシリーズの手帳、見たことある方多いんじゃないでしょうか。
すごく気に入ったのでまた絵本シリーズ化されるといいなあ。

 

バスなのね (バス)


海外のポスターみたいな鮮やかな色とゆるーいイラストが素敵な100%ORANGEさんの絵本。
ごっこ遊びのお話で、息子も真似して椅子をたくさん並べてバスの運転手さんをしたりしています。

 

ふねなのね

ふねバージョンもあります。

 

いろいろバス (バス)


Eテレの「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションを担当されてるtupera tuperaさんのイラストがかわいい絵本。
しろくまのパンツかおノートも人気がありますよね!
赤いバスには赤い生き物たちが、ピンクのバスにはピンクの生き物たちが乗っています。
息子も「くろのバスは だれがのってるー?」と楽しそうにひとつずつ指さして名前を言っています。

 

うちゅうひこうしになりたいな (ロケット)


30年くらい前に初版が出ているロングセラー、乗り物の絵本をたくさん書いているバイロン・バートンさんという方の絵本です。
海外らしい鮮やかな絵柄に、わくわくするロケットのお話。
ロケットの絵本の中で、息子ダントツのお気に入りです。

 

ひこうき
はたらく くるま
ふね
とらっく

 

いろいろな乗り物があります。
どれも綺麗で、0歳から楽しめますよー!

 

もぐらバス (バス)


ピタゴラスイッチ監修の佐藤雅彦さんが原案を担当された絵本。
地中を走るもぐらのバスのお話です。
少し長めなので読むのは大変ですが笑、こちらも息子の大のお気に入り。

 

がたんごとんがたんごとん (汽車)


どこの本屋さんの絵本コーナーでも見かける、とっても有名な絵本です。
りんごやコップ、いろんなものが汽車に乗りにやってきます。
短くて単純なお話で、がたんごとんがたんごとんと繰り返しのフレーズがたくさん出てくるので、0歳から読み聞かせしても赤ちゃんが興味を持ってくれると思います。

 

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん

 

もう1冊同じシリーズが出ています。こっちもかわいいよー!

 

そらののりものえほん (いろいろ)


たくさんの乗り物が出てきて、ページをめくると飛んでいく、ちょっとした仕掛け絵本です。
0歳から楽しめます。
最近ひらがながだいぶ読めるようになってきた2歳半の息子は文字が少ない絵本がお気に入りで、このシリーズもまたよく読むようになりました。

 

うみののりものえほん

 

うみもあります。

 

コトコトでんしゃ (電車)


とよたかずひこさんという、乗り物の絵本をたくさん書いていらっしゃる方の絵本です。
淡い色合いとゆるい絵柄がかわいいです。
息子は踏切りが出てくるところがお気に入り。

 

ブーンブーンひこうき
ポンポンおふね
ブップーバス

 

シリーズでいろいろな乗り物が出てます。

 

 

わたし、絵本を読むのが本当に大好きで大好きで、ここに載せた乗り物絵本は自信を持っておススメするものばかりです。

絵本、子どもにたくさん読んであげたい!

でもたくさん読もうと思うと選ぶのも結構大変なんですよねー。

ってことで、良かったら参考にしてください!

 

スポンサーリンク
こどもの関連記事
  • きかんしゃトーマスの二ヶ国語放送がすごい。2歳の息子が英語を喋りはじめたよ。
  • ナチュラルな記念写真。フォトスタジオはライフスタジオがおすすめ
  • 【リスクは抑えて増やしたい】子どもの教育資金用に第37回SBI債を買いました!
  • 1年で200冊絵本を読んだ話と、絵本大好きな息子が1歳、2歳でハマったのりものえほん5選。
  • キッズカメラならこれ!ハピカムのビジョンキッズがおもちゃのレベルを超えてて大満足
  • 子供乗せ自転車bikke(ビッケ)の口コミ!ビッケモブに2年乗った感想とスペック比較。
おすすめ記事