保険ノーガード30歳1児の母が保険に入るまでの成長記録~基本の3種類編~
  • 家計が整ってきて、最近やっと気になってきた保険のこと。
    私、30歳にもなって仕事もしていて子どももいるのに全く保険に入ってないんです。
    近いうち家も買いたいと思ってるしこのままじゃマズいよな…と思って、最近何度か相談させていただいてるファイナンシャルプランナーさんに保険について聞いてきました。
    知識ほぼ0保険未加入の私でも理解できるようにわかりやすーく教えていただけたので、忘れないうちにまとめておきます。
    いろいろ教えていただいて長くなりそうなので、今日は基本中の基本の3種類の保険について復習したいと思います。
    保険超初心者さんのお役に立ちますようにー!

 

スポンサーリンク

まず、保険には3種類あるらしい

定期保険、終身保険、養老保険の3種類です。
うんうん、定期保険と終身保険は聞いたことくらいはある!って感じでした、私。笑
それぞれどんなものか、教えてもらったものを整理しながら説明していきます。
わかりやすく、死亡保険金は1000万円、支払いは60歳までと設定してみますね。

 

定期保険はいわゆるかけすて型ってやつ

60歳までに亡くなれば1000万円もらえます。
60歳の時点で存命ならそれまで支払った保険料は返ってこないことになります。

 

メリット
3種類の中で保険料はダントツに安い
(見せてもらった例では、終身・養老の2割〜3割くらいの保険料でした)

 

デメリット
期間内に亡くならなければ何ももらえない

 

リスクに備えたいけど保険料を抑えたい人向け。

終身保険・養老保険に比べて保険料が低く、浮いたお金を現金として持っておくこともできるので、

すぐ動かせるお金も欲しい人は他の2つのような貯蓄型より適していますね。

 

終身保険は死ぬまで保障

保険料の支払いは60歳で終わりますが、保障は死ぬまで続きます。
亡くなった時点で1000万円がもらえます。

終身保険はのこされた家族のための保険って感じですかね。

 

メリット
貯蓄性が高い
途中で解約したときにもらえるお金「解約返戻金」が高め

 

デメリット
保険料は高め(ざっくり言うと1000万もらうために、60歳まで生きれば最高800万円払うって感じ)

 

でも、デメリットを逆にとらえると損(損っていうのもおかしいけど)はしない保険。

亡くなるタイミングで1000万円は絶対もらえますもんね。

定期保険との1番の違いです。

余剰資金があるならいいですね、最低でも1割くらいは絶対増える訳ですし。

 

養老保険は自分で受け取れちゃう!

60歳時点で存命なら1000万円もらえます。満期保険金てやつです。

その代わりそれで終わりです。亡くなるタイミングでは何もなし。

 

メリット

万が一にも備えつつ、貯蓄性も高い

自分で使えちゃう

 

デメリット

3種類の中で1番保険料が高い

 

生きてるうちにお金が戻ってくる生命保険なんてあるんですね!

学資保険みたいなイメージです。

ただ貯金するよりは利率がいいし、若くして万が一のことが起こってしまったら払い込む額は少なくて済みます。

万能っぽい。

でも利率の面で考えると、高い保険料を払って30年で1割しか増えない保険にお金をかけるよりは、投資でもした方が増えるのでは?という印象も持ちました。

 

どれが正解ってものでもないようだ

それぞれの保険に長所・短所があって、要望も人によってそれぞれ違うわけで、自分に合った保険を選ぶことが正解なんですよね。とはいえ難しい。

掛け捨て型なんてお金が返ってこない可能性も高いしもったいないと思えば、終身保険か養老保険を選ぶとよさそう。

でも、利率も低くて動かせない(急にまとまったお金が必要になって解約しなければならなくなったとき元本割れするかもしれない)くらいなら、手元に貯めておきたい、とか

その分投資資金に回した方が利率が良くなりそうだと思えば、定期保険の方がいいのかもしれない。

 

我が家は定期保険を検討してみます

私が死亡保険に入る目的は何かを夫婦で話し合ってみたところ、

 

万が一のリスクに備えたい、貯蓄性は今のところ求めていない

 

で一致しました。

ということで、定期保険について更に詳しく聞いてきたので、また次の記事にまとめたいと思います。

 

いやあ、今まで全然勉強してこなかったけど保険って奥が深いですねえ。

定期・終身・養老のどれを選ぶかも、

その中でどんなタイプにするのかも、

死亡・就労不能・病気など何に備えるのかも、

もらう金額をいくらにするのかも、

考えることが多すぎて、自分たちだけではとてもじゃないけど最適解を探し出せる気がしません。

プロの力を借りつつ、うまく自分たちの暮らしに合った保険に出会えるといいなあ。

スポンサーリンク
  • 月収・家族構成別に詳しく解説!家計の黄金比率で支出を見直そう。
  • 【ポイ活】タダポチ界最強!健康アプリFiNC(フィンク)のポイントの貯め方を解説するよ!【タダ活】
  • はじめてamazonパントリーを使ってみたら普通にお得だった話。
  • もう飽きない!ずぼらなわたしの家計簿ルーティン
  • 【3/31まで誰でも1400円GET!】話題のタイムセールアプリ、タイムバンクの使い方をまとめました。
  • 【1年で220万円貯めました】あかり家のゆるーい家計管理
おすすめ記事